レンタカーの費用・注意点は?

走行距離75,000km以上の車でした

利用先:ABCレンタカー
料金:2,500円 / 日
追加補償:525円 / 日

JALのパッケージを利用してレンタカーを申し込んだところ、案内された車は、小傷の多い走行距離も結構重ねている車でした。今まで、レンタカーを利用した事が無かったので比較のしようが無いのですが、エンジンの程度は良くありません。

同じ時期にオリックスレンタカーを利用した方と話す機会が有ったのですが、そちらは、走行距離も数千キロ程度で状態も良いようです。その分、レンタル料は少し高めとの事なので、結局は、価格によって分けられるということですね。

日額525円で当て逃げなどの保証

交通事故の補償を付ける場合は、別途、追加料金を支払わなくてはいけません。
今回、レンタカーの利用は12日間だったので、さすがに万が一のことを考えて、保証を付けておくことにしました。

525円×12日=6,300円

正直、最初は付けなくても良いかなと考えていたんですが、一泊目を那覇市内で過ごして周囲を探索してみたら、車の往来が結構激しくて、しかも、スクーターもやたらと多いので、もしものことがあるかもしれません。

一泊や二泊程度であれば、付けなくても問題ないかなと思うんですが、普通に生活するレベルに近い状態で使うことを考えると、念の為、付けておいた方が良いかなと思います。

レンタカーのホイールカバーの紛失は全額自己負担

レンタルして4日目の事ですが、出かけた先の帰りに駐車場で確認した時には、付いていたハズのホイールカバーが無くなっていました。どうやら、走っている途中で取れてしまったようです。

こ場合の補償ついて調べたところ、「タイヤの破損、タイヤやホイールキャップの紛失は自己負担」と書かれていたのですが、その後、ABCレンタカーに問い合わせしたところ、「紛失1個につき、3,150円かかります」と言われました。

高いです。

ホイールカバーは、4個セットで3,500円程度で購入できます。紛失したホイールカバーは社外品なのですが、純正品より明らかに外れやすい状態でした。

1個紛失でレンタカーを返す時に精算しても3,150円。
1個しか紛失していないのに、4個セットを購入して3,450円。
どっちもどっちです。

そこで、中古パーツのアップガレージに行ったら、置いていないとの事。

イエローハットに行ったら、なんと、訳あり品として、偶然にもサイズの合うホイールカバーが800円で1個だけ置いてありました。
なんというキセキ。(たかだか2千円ちょいの違いですが・・・。)

同じデザインのものが売っていなかったということを伝えると、それでも大丈夫と言う事だったので購入しました。

ホイールカバーの紛失について調べてみると、同じような経験をしている人も居るようでした。

今回の経験から、「レンタカーに乗る時には、ホイールカバーの外れ具合に要注意」という事と「利用している時には、ホイールカバーを外して置いた方が良いかもしれない」という結論に至りました。

ただし、その状態で事故を起こした場合は、利用者の自己責任となるそうなので、この辺は、注意しなくてはなりません。

一番良いのは、最初の段階でその事に気付いて指摘する事です。
外れやすいのを解っていて貸し出すのですから、こちらの過失割合は低くなる、もしくは、純正品に交換してくれるかもしれません。

本人に保険がかかっているか確認しておく事も大切

もしもレンタカーで事故を起こしたり、当て逃げなどされた場合は、一律で5万円ほど取られてしまいます。その為のリスクを減らすという目的で、一日当たり525円の保証がありますが、レンタルする日数も長くてその金額も抑えたいと思うなら、念の為、今の車にかかっている保険の内容を確認しておくと良いかもしれません。

中には、どの車に乗っても保険が対応出来るプランもあるので、そうしたものに加入しているのであれば、特に、保証を付けなくても良いのかもしれません。

沖縄の道路・ドライバーの印象

片側2車線がメインですが、道幅は狭いです。
しかも、右折用レーンが無い場所も多いので、すぐに道が詰まります。ある程度の運転経験が有っても怖いと感じるかもしれませんのでご注意下さい。

クラクションを鳴らされる、もしくな、鳴るような場面に遭遇する事がゼロだったのは驚きましたが、割と強引に走っている人も多く、スクーターが沢山走っているので、その辺気をつけておいた方が良いと思います。

あ、覆面パトカーが緊急走行でクラクション鳴らしまくってたくらいです。