部屋選びの条件

まずはしっかりと理想を決めてから削っていく

インターネットが普及したお陰で、ウェブ関係の在宅ワークも増えてきました。私も現在そういうスタイルで仕事をしているので、自宅兼職場という形になります。

その為、部屋にいる割合が多くなるので、それだけ物件選びも慎重になります。そういった部分も考慮して、以下のような条件で部屋探しをしました。


■理想の物件

  • 構造:鉄筋コンクリート
  • 間取り:1LD~2LDK
  • 家賃:7万円前後(管理費・駐車場代含む)
  • 立地:大通りに面していない・スーパーが近い
  • 階層:最上階(できれば角部屋)
  • 設備:風呂・トイレ別・灯油暖房
  • その他:礼金無し

この条件を満たす物件があるか無いかを判断する前に、まずは、理想とする条件を明確にしておく事が大切。その上で、妥協ポイントを見出していくという方法です。

構造と間取りで、ある程度の生活しやすさは決まると思います。また、家賃を多少高めに設定することで、ある程度の入居する年齢層が決まってくると思います。価格は、地域格差はありますので参考までに・・・。

オール電化を条件に入れるというのも考えましたが、そうすると、物件数がかなり限られてきてしまいます。また、オール電化で角部屋最上階というのは、まず希少性が高くて中々見つかるもんでもありません・・・。

それに、原発問題で今後は、電機の価格が高騰することも考えられますし、このサイトの目的としても、物件として多い灯油暖房+LPG物件に入居することで、どのくらいの費用がかかるのかを情報提示した方が、多くの人の参考になるかなと思っています。

再現性のある設備条件の方が、実際に入居した際の開きは少なくて済みますからね。