契約まではじっくり時間をかける

焦るって契約すると大抵は後悔がつきまとう

自分の経験を踏まえた情報ですが、急いで契約してしまうと、大抵の場合は物件選びに失敗します。

気持ちが焦ってしまい、早く一人暮らしを始めたいと思っていて、その気持ち任せで物件を選んでしまうと、いざ住んでみると、「以前の暮らしの方が良かったな・・・」なんていう事にもなり兼ねません。

なので、物件を選ぶときは、できるだけ時間をかけてじっくり探すという姿勢を崩さない方が、うまく行く場合が多いと思います。

中には、不動産会社に「今入らないとこの手の物件は当分出てきませんよ!」と言われて、それを真に受けてしまい契約してしまうという場合もあると思います。

ですが、自分でどこか引っ掛かるところがあるということは、何かしら条件が足りないということです。そういう勘も結構大事!

「今の環境が嫌だから早く出たい」とか、「不動産屋がそういうから・・・」とかで契約するのは、自分のタイミングでは無いので、失敗した時に残るのは後悔だけ。

その後すぐに転居したいと思っても、既に数十万円の初期費用がかかっているという場合は、中々次の場所に動くことができません。

家賃を年間で考えると軽自動車1台分ぐらいの出費にはなるので、それを簡単に選んでしまうというのは避けた方が良いと思います。実際にそうして失敗した経験があるので、ほぼ間違いありません。

急いで入居したのにも関わらず、良い物件が当たるということは、まずないと考えた方が良いと思います。

じっくり時間をかけて選ぶ余裕も一人暮らしの準備には欠かせないことです。